2017年9月23日 (土)

一周忌の件、連絡しました

 兄の一周忌の日程について、親戚等に電話連絡しました。国分寺の従兄弟にはメール送りました。兄の友人にも連絡したのだけれど、通夜に大勢来て下さった文京区立小学校の同級生にも声かけたほうがいいのか判断つかないので、姪っ子に相談メールを送りました。

島崎藤村「夜明け前」

商品の説明 内容紹介 木曽路はすべて山の中である-黒船来航から長州征伐,王政復古へと続く幕末の激動は,山深い木曽路の宿場にも確実に波及してゆく.馬籠宿の本陣・庄屋・問屋を兼ねる第17代の当主青山半蔵は,平田派の国学を信奉し,政治運動への参加を願うが,木曽11宿の総代として街道の仕事は多忙を極め,思いは果たせない.改版.(解説=猪野謙二)

 島崎藤村の「夜明け前」全四巻読み終えました。読み始めが8月末なので、一か月ほどで読んだことになります。読みやすく、一気読みでした。本書を読む前に、NHK大河ドラマ等DVDで時代劇を複数観ていましたから、本作品の時代背景は頭に入っていましたが、大河ドラマと違い、主人公は歴史に名前を残すような人物ではなく、籠宿の本陣・庄屋・問屋を兼ねる第17代の当主青山半蔵です。島崎藤村の父親がモデルだそうです。
 大政奉還という時代の変り目を、主人公は希望に燃えて迎えますが、改革は、その進行に伴って主人公の期待とは違う展開を見せ、主人公半蔵の最期は悲劇的です。大政奉還に大きく貢献した坂本竜馬も、ああいう殺されかたをせずに生き延びたら、やはりその後の展開に、「こんなはずではなかった」と、苦悩したでしょうか。それとも、薩長同盟・大政奉還の陰で大きく動いた竜馬のような才覚のある人が生きていれば、展開そのものが変わったのでしょうか。
 本作品は映画化されているようですが、古い物でDVDになっているようすはなく、ツタヤ・ゲオで借りることも、アマゾンで買うこともできません。残念です。
 来年の開運旅行は、長野の妻籠にと思っています。

一周忌の連絡は本日午後3時以降

 兄の一周忌法要が10月28日と決まりまして、親戚等に連絡しなくてはなりません。本日午後3時~5時くらいにアッチコッチに電話します。

2017年9月22日 (金)

整形外科と2017年9月墓参

20170922

 日暮里のお寺にお墓参りに行ってきました。
 まず隔週になった整形外科に午前中に行きました。診察終わって会計済まして退出しときは午後になっていましたが、経過は良好で、包帯グルグルが外れました。これで防水カバー無しで入浴できるようになります。一週間分の湿布が出ました。一週間様子を見て来週また行きます。
 整形外科終わってから、そのまま電車に乗って日暮里のお寺に向かいました。帰路、雨が降り出したので、早目に行って良かったと思います。


2017年9月21日 (木)

一周忌法要、10月28日に決定

 兄の一周忌法要は、10月28日(土)に決定です。午後1時から法要で、2時から会食、4時頃解散になると思います。これから親戚等に連絡します。
 それと今月のお墓参りは明日にしようと思います。金曜日で整形外科にも行かなくてはならないんですが、お彼岸のお中日(23日)あたりは日暮里界隈混雑します。不自由な足で混んだところ歩きたくないんで、墓参も明日にしてしまおうと思います。

2017年9月20日 (水)

一周忌法要、11月3日はナシ

 兄の一周忌の件でお寺に電話したところ、11月3日は一日中住職外出とのことで、別の日探すことになります。姪っ子・甥っ子に再度メール送りました。

一周忌法要は11月3日になる模様

 兄の一周忌法要の件で、姪っ子・甥っ子に相談メールを送ったところ、11月3日(金・祝)なら二人の都合が良さそうです。本日午後早い時間(午後1時~2時)に、お寺に電話して、住職の都合が良ければ11月3日に決定になります。

2017年9月16日 (土)

相談メールは今日中に

 兄の一周忌の件で姪っ子・甥っ子宛ての相談メールは今日中に送ります。すでに夜の7時過ぎになりますが、それでも今日中に送ります。内容は、とりあえず日程調整になると思います。

2017年9月15日 (金)

三週間ぶりの自転車

 今日、骨折以来3週間ぶりに自転車に乗りました。なにせ自転車で転倒しての骨折ですから、松葉杖無しに骨折時ギブス用サンダルで甲府にまで出掛けるほど回復したものの、さすがに自転車の乗る度胸はありませんでした。が、今日、最寄りのペットショップへ……最寄りと言っても、歩くには少し距離があるので、思いきって自転車で行ってしまいました。特段痛んでいないので、これが裏目に出ることはないと思いますよ。

2017年9月12日 (火)

甲府から無事帰宅

 昨日から一泊二日で甲府に開運旅行に出かけ、本日午後1時半頃に無事帰宅しました。
 以下は甲府行きの証拠写真の数々です。

 中央本線甲府駅改札口付近。



 宿泊は「東横INN甲府駅南口2」。ビジネスホテルです。シングル喫煙で予約しました。


 午後6時頃、美味しい物を食べに出かけました。この美味しい物というのが、どうも動物性のものになりそうなので、その前に野菜ジュースを飲んで、いざ出陣。


 向かうは「奥京甲府駅前店」。これはあらかじめネットで調べて、甲府に着いたら、この店に行こうと決めていたのです。


 芋焼酎のお湯割りを頼んだら、最初に出て来たのが「冬瓜の煮物」。


 お刺身の盛り合わせ。これで1~2人前。


 煮貝。甲府名物だそうで、事前にネットで調べて、甲府ではこれを食べようと決めていました。


 これも甲府名物の「甲府鳥もつ煮」。このたびの開運旅行、アレコレ食べましたけど、これ目当てに行ったようなものなんです。私が自分のお店(居酒屋だか小料理屋)を持った暁には、これもメニューに入れようと思います。


 冷奴を頼んだら、お豆腐の上にシソの葉とシラスが乗ったのが出てきました。


 一夜明けて、これは今日の朝ごはん。ビジネスホテルで、レストランもなければ、夕食付きの宿泊プランもありませんが、朝食は出ます。フロント(受付)横のロビーでいただきます。


 甲府駅南口の武田信玄像。

 カリカリ(ネコご飯)とお水をタップリ用意して出かけたものの、クロ子(ネコ)を置いて長時間外出したのは初めてだったので、家に帰り着くまで心配でした。クロ子は水をたくさん飲みます。水不足だったらどうしようと。暑い盛りを過ぎ、涼しくなったからと思います。水は容器の半分ほど残っていました。十分足りたのです。私が帰りついた物音を聞きつけて、玄関まで迎えにくるのかと思いきや、出てこない。こういうときは、我が六畳間の押入れ奥に潜んで眠ってるんです。
 さて、この開運旅行で私の何が変わるでしょうか。自分でも分かりません。

«整形外科、隔週に