« 城北に電話しました | トップページ | 今日新井薬師に元亭主来るのでしょうか »

2015年5月25日 (月)

「5:1」とか「1:1」について

 私が時々ブログに「5:1」だの「1:1」だのと書くので、ブログの読者から「5:1、1:1、ってなんですか」と問い合わせがありました。私がブログに書く「5:1」だの「1:1」というのは、電位治療器のことです。
電位治療器は、電極からアースの間に高電圧をかけて電界を発生させ、その中に人間の体を置くことで治療する医療機器です。電界とは、電気のある空間の状態をいいプラスとマイナスの電気があります。電位とは、マイナスやプラスの電荷を持つエネルギーのことです。
メーカーは複数有って、私がブログに書く「5:1」はマイナスイオン:プラスイオン=5:1、「1:1」はマイナスイオン:プラスイオン=1:1の割合を意味します。「マイナスイオンが多いほうが良い」とか「いや、そうではない」とか議論が分かれているし、私にも確かなことは分かりませんが、私が持っているのは、3:1のパワーヘルス4500です。私が持っているのが、3:1のパワーヘルスなので、パワーヘルスだけは、「3:1」と書かずに、「パワーヘルス」と商品名をブログに出しています。
 で、このパワーヘルスを私は、十数年前に自宅近くで開かれた体験会場で買いました。タバコを止められそうにないので、何か身体に良いことをしようと思ったのです。
 電位治療器体験会場は、無料で電位治療器を体験できる所です。あくまでも無料体験会場です。私の家の近くでは、いろんなメーカーが体験会場を開いてきました。私もパワーヘルス4500を持っているにもかかわらず、4500であるが故、9000の体験会場があれば通っていました。「無料で」と人を集めておいて、「買え買え」と言ってはならない。また、電位治療器の効果効能として認められているのは、「慢性便秘」「不眠症」「肩こり」「頭痛」・・・くらいで、こういうことには個人差がありますから、これで「糖尿病が治る」とか「高血圧が治る」などと体験会場の担当者が言ってはいけないことになっています(薬事法違反になるんだそうです)。しかし体験者が、「私はこれで糖尿病が治った」「私はこれで高圧が安定した」と自分の体験を語るのはかまわないわけで、私も「タバコを吸う割には血がきれいと、健康診断で言われているのは、電位治療器のおかげと思う」と話しています。           

« 城北に電話しました | トップページ | 今日新井薬師に元亭主来るのでしょうか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事