« 城北に予約入れました | トップページ | 今日も家事日 »

2015年5月27日 (水)

便宜上のお金は母が遺したものではない

 母が遺したものは、SG信用金庫の残金と不動産だと思います。C銀行やMS銀行にあったとしたら、それは便宜上母の名義になっていたというだけで、母が遺したものではありません。例えばパブー無断解放も便宜上の口座に入金されとしたら、母没後のことになります。便宜上のお金については、「今まで言わなかったけど、実は…」「こういう事情で…」という耳打ちが必要なのではないでしょうか。これを私は「着地」と呼んでいるのです。便宜上誰の口座になっているか知りませんが、私自身は、どこに何があるのか把握できていないわけです。
 空き巣・オートバイ・元亭主……、こういうのが私の周囲をうろついているうちは、どれだけせびられるか知れたもんじゃないから、着地もできなかったのでしょうけど、もう大丈夫だと思いますよ。

« 城北に予約入れました | トップページ | 今日も家事日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事