« 皮膚科には行く必要ない | トップページ | 女性指圧師、探せます? »

2016年8月22日 (月)

昨日は「救援ひろば」でした

 昨日は朝から「救援ひろば」のスタッフとして働くため、平和と労働センターに行きました。「救援ひろば」は、救援会に入ったばかりの人や、入ろうかどうか迷っている人に救援会を知ってもらうという趣旨で開かれるもので、今年で三年目なのだそうです。私が救援会を抜けている5年間に始まったことで、私自身は初体験でした。平労センター2階ホールを間仕切りで仕切って、一方の舞台スペースでは、救援会の歴史や、支部活動紹介がなされ、もう一方の交流スペースは、飲食しながら交流できるようになっていて、交流スペースでも、舞台プログラムが映像で見れるように工夫されました。私は飲食コーナーの居酒屋担当で、焼酎のお湯割り水割りを作ったり、日本酒を紙コップに注いだり、冷や奴を作ったりしました。
 実はこの「救援ひろば」の実行委員会というのが7~8月に何度かあって、私も一度出席しています。私自身、救援ひろばの経験がないので、実行委員会では聞き役でいることが多かったのですが、話を聞いていると、オニギリだのサンドイッチだの…どうも私の胃袋にはが足りそうにないのです。というわけで、昨日は手弁当を持って出かけたのですが、この判断は正しかったです。一人前の量もさることながら、参加者が多い割に、仕入れが少なかったのです。反省会があるなら、是非発言しようと思います。
 で、飲食コーナーでは焼酎(芋焼酎黒霧島)も扱っていて、私もかなり飲みました。久しぶりにしっかり飲んで、会場にいる間から眠くなってきました。終了後の懇親会はパスして、帰宅後、二時間ぐらいガーッツと眠ってしまいました。この「ガーッツと眠る」というのが、私には久しぶりのことで、体調改善につながるように思います。

« 皮膚科には行く必要ない | トップページ | 女性指圧師、探せます? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事