« お寺に電話してみます | トップページ | 選挙に行きました »

2017年10月21日 (土)

出すのが一般的

 巣鴨の地蔵通り商店街に「どくだみ茶」を買いに行ったついでに、帰りに池袋西武のギフトサロンで、法事のとき、出席された方にお食事だけでなく何かお持ち帰りいただくものなのかどうか相談してきました。やはり「出す」のが一般的なようです。嵩張らないものを選んで、前日までにお寺に着くように手配します。
201710211
 ついでと言えば、巣鴨の地蔵通り商店街では赤い靴下も買いました。右足くるぶし辺りの骨折による整形外科通院は卒業しましたが、骨折時ギブス用サンダルも卒業したんです。骨折による腫れのため、右足だけがサイズ違いで普通の靴が履けない。足が入らず、ギブス用サンダル履いていましたが、これから寒くなるのにサンダルは辛いから、なんとかしなくちゃと思って工夫した。どんな工夫かと言うと…、中村司さんの遠赤外線温熱パックを買った時についてきたオレンジ色の布を足に巻いたんです。だからかもしれません。整形外科の先生に右足を見せたとき、「アレ? 腫れが引いてる!」と言われました。普通の靴が履けるようになったんです。が、まだ本調子ではない。中村司さんのオレンジ色の布は、いかんせんバンダナのような四角い布ですから、巻きづらいし歩きにくい。オレンジ色の靴下ないかなと思っていたところ、巣鴨地蔵通り商店街で赤い靴下を見つけたのです。中村司さんによると、オレンジ色だけでなくホットピンクや赤も効果的だそうですから、2足買いました。さすが、おばあちゃんの原宿と言われるような商店街です。赤い靴下だけでなく、赤い肌着やパンツもありました。
 どくだみ茶1袋を二週間で消費しました。今日は2袋買いました。これまでのペースで行くと、次に巣鴨に行くのは一か月後です。赤い肌着・赤いパンツ買って、寒い冬を乗り切ろうと思います。

« お寺に電話してみます | トップページ | 選挙に行きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事