« 「炎天下の中」って | トップページ | 伝通院には明日電話します »

2018年2月12日 (月)

叔母ちゃんの荷物を活かしたい

 先日、「2LKくらいに引っ越したい」と書きましたが、また少し考え直しています。東中野のマンションで一人暮らしをしていた叔母ちゃんが老人ホームに入る際、叔母ちゃんの荷物のほとんどは、一軒丸ごとお片づけ業者さんに処分してもらいましたが、なんだか捨てるに忍びない物は我が家に運び込みました。コーヒーカップだったり、お祖母ちゃんの火鉢だったり、大塚の家の離れに飾ってあった細々した物だったり……です。私が2LKに引っ越してしまうと、これらを活かすことができないのです。
 そのため、引越しは止めにして、この家の一階部分を私の普段の居住空間にし、本を読んだり、パソコンに向かったり、机に向かうようなことも一階部分でする。二階部分はお客さん用にし、私が二階に上がるのは、お客さんが来た時と、洗濯物を干すときだけにする。二階に上がるお客さんの中には親族も「ABC…」関係者も含まれる。
 二階の我が六畳間と隣りの八畳間は襖で仕切られているだけだから、襖を外せば十四畳になり、会議室としても使えるだろう。また兄の部屋には小さなキッチンがついているので、お茶とお茶菓子くらいなら、二階で対応できる。
 この方向でリフォーム検討したいと思うが、いずれにしても弁護士Aとちゃんと話し合うのが前提になります。

« 「炎天下の中」って | トップページ | 伝通院には明日電話します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事