« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月28日 (土)

へーベルハウスからまたメール

 へーベルハウスからまたメールが届きました。内容は、住宅展示場見学をネットで予約申し込むとプレゼントがもらえるというものです。申し込んでみようかと思うのですが、とにかく着地していませんし、自分がどうしたいのか分からないのです。
 私とネコで暮らすだけなら、この家の建て替えだけでもいいと思います。それでも要らないもの処分したり、仮住まいに引っ越したり……大変ですが、社長一人の出版社を起こすとなると、事務室だの会議室だのが必要になるから、この土地面積じゃ狭いかなと思うんです。とにかく、いろいろハッキリしないうちに、モデルハウス見に行ったって、しようがないんじゃないかと思うんです。

2018年7月26日 (木)

袴田事件からハガキ

 カトリック袴田事件から学習会の案内ハガキが届きました。高裁不当決定を受けて、弁護士からお話を聞く集まりです。8月19日(日)の午後3時から5時で、5時半から懇親会があるようですが、北陵クリニック事件だけでなく、三鷹事件も支援するようになったので、とてもじゃないが、これ以上は無理。欠席です。

2018年7月22日 (日)

沖縄、台風10号回避

商品の説明 内容紹介 世界支配を目論む闇の秘密結社イルミナティの正体とは、いったい何者なのか。彼らは聖書の預言を利用して、さまざまな陰謀を仕掛けてくる。東日本大震災や福島第一原発事故の裏には何があったのか。ふたりが独自に入手した情報と証言をもとに真相を暴露する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フルフォード,ベンジャミン
1961年、カナダ生まれ。上智大学に入学後、ブリティッシュコロンビア大学を卒業。「日経ウィークリー」記者、「フォーブス」アジア太平洋支局長を経て、フリーのジャーナリストに。経済、社会、宗教、国際政治などの暗部に迫る取材を続ける

泉/パウロ
北海道札幌市生まれ。北海学園大学、アジア教会成長神学院、フルゴスペル神学大学院を卒業。日本フルゴスペル教団関東地方会会長、宗教法人純福音教団代表、純福音立川教会主任牧師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

一昨日(7月21日)は、午前中から大型台風10号が沖縄を直撃するという情報に接し、久しぶりに台風回避のお祈りをしたところ、祈りは聞き入れられたようです。沖縄在住ブロガーさんの中には、「拍子抜け~」と書いている人もいますが、大きいのが来る来ると、さんざん聞かされていて来なかったんですもん。そりゃあ、拍子抜けするでしょうね。
 この度、台風回避のお祈りをする気になったのは、西日本を襲った記録的な大雨水害報道に接し、気に病んでいたからです。西日本を大雨が襲うという情報が事前に流れていたとしても、私はテレビも新聞も見ないので、これらの情報に接することができなかったのです。しかし大雨をもたらすという兆候はありました。それに気がついてお祈りすれば、西日本の水害は避けられたかも知れないと気に病んでいたのです。
 そしてまた、「悪魔の秘密結社と聖書預言」という本の中(P34~P36)で、2014年7月11日に東京直撃が危ぶまれた7・11台風(8号)が発生したものの、首都直撃前に温帯低気圧に変わり、勢力を弱めて去って行ったが、京都大学のハープの気象兵器が使われ、台風をうまい具合に温帯低気圧に変えたのではないだろうか……、というようなことを泉パウロさんが書いているのを読んで、「それ、違うんじゃないの?」と思ったことも、沖縄台風回避のお祈りをする気になった理由の一つです。
 2014年は、東京を直撃するような大型台風が頻発しました。当時私はパソコンにへばりついて、東京直撃情報を入手するたびに、お祈りしていたのです。ブログに書いたのは、この時だけですが、お祈りしたのは、この時だけではありません。いずれも祈りは聞き入れられ、東京直撃は回避されたのです。
 にもかかわらず、このたび西日本を襲った大雨では、情報収集を怠り、大水害を回避させることができなかったのです。その罪滅ぼしという意味合いも込めて、沖縄直撃回避のお祈りをいたしました。

2018年7月19日 (木)

カラオケ?

 昨日は夜から救援会の用事で湯島に出かけました。15日の三鷹事件現地調査、17日のお寺でのお盆法要、そして昨日と、ここ数日不規則な外出が続きましたけど、向こう一週間ほどは特別な予定がないので、家事や読書に専念できると思います。
 先月(6月)20日に、東久留米のH子ちゃん夫妻と板橋の居酒屋「昭和」で飲み、次回は9月に東久留米でということになったのですが、帰宅して翌日だかに早々とH子ちゃんからメールが届いて、「カラオケ行きます?」という内容でした。まだ迷っていて返信メール送っていません。
 私としては、お盆も済んだことだし、姪っ子・甥っ子と連絡を取り合って、兄貴の三回忌法要の日程を決めるのが先かなと思っております。

2018年7月18日 (水)

2018年、盂蘭盆会御施餓鬼法要

 昨日は、日暮里のお寺で開かれた盂蘭盆会御施餓鬼法要に行ってきました。あのお寺で、毎年7月17日に檀家さんが大勢集まり、お坊さんも大勢来て、賑々しく読経して、先祖供養します。

201807171

201807172

 昼頃お寺に着いて、墓前にお線香とお花をお供えしてから、お昼御飯をいただきました。そして午後1時から、お坊さんの有り難いお話を聞き、午後2時から法要が始まります。
 檀家さんが大勢集まり、本堂に入りきれないので、私は信徒会館に用意された椅子席に座りました。信徒会館でも、スクリーンで本堂の様子を見ることができます。

201807173

 終了後、新しいお塔婆を立てて帰りました。今回は、私と姪っ子で二本立てました。


2018年7月16日 (月)

行ってきました、三鷹事件現地調査

201807152

 昨日は午後2時から開かれた三鷹事件現地調査に行ってきました。現調に先立って、三鷹市立公共施設で一時間の事前学習会があり、3時からほぼ2時間、アッチコッチを歩いてみて回りました。

201807151

 まず最初に向かったのは、禅林寺。1949(昭和24)年7月15日に無人電車の暴走で亡くなられた市民6名の慰霊碑をお参りしました。

201807153

201807154

 この禅林寺は、太宰治のお墓があることでも知られているのだそうです。また森鴎外(本名林太郎)のお墓もあります。というより、森鴎外を尊敬していた太宰治が、自分の死後は、森鴎外のそばで眠りたいと言い残していたのだそうです。

201807155

三鷹電車区跨線橋から見た、電車庫。この跨線橋からは、電車庫と三鷹駅方面が一望できます。

201807158

 他にも写真撮りましたけど、今日のところはこれくらいにしておきます。昨日入手した三鷹事件の資料のなかに事件現場周辺の地図がありました。この地図を頼りに、一人で出かけるときがあるかもしれません。
 終了後の懇親会には参加せずに帰宅しました。守る会に、救援会豊島支部で団体加入。私個人で個人加入しました。現地調査は年に一度7月15日だそうですけど、ほかにも集会や学習会があって、会員になれば連絡入りと思います。

2018年7月12日 (木)

なんだかケツ叩かれたような気が……

 昨日は午後から救援会豊島支部会議がありました。いつもは城北法律の会議室をお借りしているのですが、来月はF子さん宅で会議終了後に暑気払いをすることになりました。持ち込み不可の居酒屋と違い、持ち寄りなので、私も何か料理を持って行こうという話になりました。私は自分のお店(小料理屋)を持ちたいと、これまでアッチコッチでしゃべっていて、昨日もそんなことを言ったら、「あの話、どうなった?」と聞かれたのです。なんだかケツを叩かれたような気がするんですが、気のせいでしょうか。
 兄がいなくなって私一人になってから、料理好きの私が、あまり料理研究しなくなっています。というか一人分の料理を作るのは難しく、そっちに気を取られているてかんじです。でも本来、作るの大好き、食べさすの大好きなんで、夢がかなうとイイですね。早く着地させてください。元手が必要なんです。

2018年7月 4日 (水)

ネコアレルギー?

20180704

 3日ほど前のこと。私が我が六畳間で机に向かってパソコンをいじっていたか本を読んでいたかのとき、愛猫のクロ子が足下に寄ってきたので、私はこれを抱き上げて、ギューッと抱きしめました。すると途端に腕がムズムズしたので、クロ子を下におろして、自分の腕を見てみたら、赤いブツブツができていたのです。わずか数秒の出来事でした。こんなことは初めてだったので、どうしてなのかを思案しました。ネットで調べたところ、ネコアレルギーというのがあって、アレルゲンはネコの毛・フケ・唾液……だそうで、この一週間ほどクロ子のブラッシングをサボっていたこと。クロ子をギューッと抱きしめたことは何度もあるが、涼しい時で、家の中でも長袖を着ていのが、このところ暑い日が続き、半袖にしていること。寝不足等で、私自身の免疫力が下がっていたことなどが考えられたので、あわててブラッシングし、ネコ用のボディタオル(使い捨て抜け毛・ほこり・花粉対応)でクロ子を拭きました。私の腕には、皮膚炎用の軟膏を塗ってしのいでいます。

2018年7月 1日 (日)

2018年6月墓参

20180630

 昨日午後、日暮里のお寺にお墓参りに行ってきました。お寺に着いたのは午後3時頃。いつもより少し遅かったです。チャイムを押して中に入ったところ、出てきたのは住職ではなく、お手伝いの方でした。葬式か何かが入ったのかもしれません。墓参後、寄り道せずに帰宅し、夜からまたお出かけしました。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »