« | トップページ | 次男さんが出席 »

2018年10月13日 (土)

出版社やれ、と。

Kimg0115

 昨夜は千駄ヶ谷のSYDホールで開かれた「東京ベルズ チャリティーコンサート」に行ってきました。フィリッピンのゴミ山で暮らすストリートチルドレン支援コンサートで、東京ベルズ代表の高牧さんは、山崎行太郎さんの哲学研究会のメンバー。そのご縁で誘われて行ってきたのです。
 終了後、山崎さんと森哲子さんと私の三人で、代々木駅近くの居酒屋で飲んだ時、私のブログを読んでいるからでしょう、「社長一人の出版社やれ」と二人から言われました。「やったら?」ではなく「やれ」と。私が社長で山崎さんが顧問で、出版第一号は山崎さんの本。「売れるぞー」とも。それと会議室も要らないとのこと。会議の時は、山崎さんの哲学研究会で利用している喫茶店の会議室を使えばいいとのことでした。
 実は私もそれを考えたことあるんですが、あの喫茶店会議室には、ホワイトボード(黒板)はあるが、スクリーンがない。なんだか私の予感では、大きな画面でテレビやらDVDやらパソコン操作を見ながら会議することになるんじゃないかと思うのです。この必要に、あの喫茶店会議室は応じてくれない。この問題をどうするか。またアイディアがひらめくのを待ちましょう。


« | トップページ | 次男さんが出席 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事