« 2019年1月墓参 | トップページ | 磯丸水産の「ぶり大根」が食べたい »

2019年1月31日 (木)

「ハリーポッターと賢者の石」

  

内容(「BOOK」データベースより) ハリー・ポッターは孤児。意地悪な従兄にいじめられながら11歳の誕生日を迎えようとしたとき、ホグワーツ魔法学校からの入学許可証が届き、自分が魔法使いだと知る。キングズ・クロス駅、9と3/4番線から紅色の汽車に乗り、ハリーは未知の世界へ。親友のロン、ハーマイオニーに助けられ、ハリーの両親を殺した邪悪な魔法使いヴォルデモートとの運命の対決までの、息を飲む展開。9歳から108歳までのファンタジー。

 この一週間ほどで「ハリーポッターと賢者の石」を読んで、DVDも見ました。昨秋から、私はしばしば社長一人の出版社を起こしたいと、ブログに書いたり、人にしゃべったりしていますが、その際必ず引き合いに出すのが、「ハリーポッター日本語版を出した社長一人の出版社です。この会社、ハリーポッターを出した頃は社長一人でしたが、ハリーポッターの成功でいまは社員12人くらいいるらしいです。
 それがさておき、しばしば引き合いに出しておきながら、ハリーポッター読んでいなかったし、ヒット作参考にしようと思い、賢者の石を読みました。面白かったですが、イメージしきれないところがあっったので、映画で確認しようとDVDも見ました。
 私が池袋を舞台にした「ABC法律事務所物語」を書くときも、映画化されることを念頭に入れながら書いたほうがいいかもしれないと思っています。

« 2019年1月墓参 | トップページ | 磯丸水産の「ぶり大根」が食べたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事