カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2019年1月10日 (木)

千葉刑務所に行こうか

 咋12月に、北陵クリニック事件当事者の守大助さんから手紙が届きました。その中で大助さんが本の差し入れを希望されていたので宅急便で送りました。差し入れた本の中には小説もあったので、原稿用紙とともに400字で支部ニュースに感想文を書いて欲しいと書いた手紙を同封したのです。
 が、昨日千葉刑務所会計課から手紙が届いて、中に原稿用紙が入っていました。原稿用紙は差し入れ不許可品で送り返されてきたのです。その他に、本の差し入れは三冊までのところ、私は四冊送ってしまったので、数量制限超過品だから引き取れという事が書いてありました。要するに本は大助さんに渡っていないのです。
 で、引き取り方法は、郵送で送り返してもらうか、千葉刑務所会計課窓口に私が取りに行くかの二種類で、どちらかを選んで連絡しなくてはなりません。引き取り期間は6か月。これを過ぎると差し入れた本は国庫帰属になってしまうんだそうです。
 というわけで、私はいまどうしようか迷っているんですが、支部ニュースに北陵連載し、掲載紙を大助さん宛てに送るようになってから、もう2年以上経ちますから、そろそろ面会に行ってもいいんじゃないかと思うんです。
 会計課に引き取りに行く・面会する・差し入れるを一度に片づけられるかどうか、刑務所に問い合わせてみようかと思います。面会は3人までなので、豊島支部役員に声かけし、また月何回という制限もあるようなので、その辺は詳しい人に調整頼みながらやってみようと思います。

2019年1月 8日 (火)

袴田まではチョットね

 先日、カトリック袴田から通信が届きました。新年会の案内と共に通信の請求振替用紙が同封されていました。カトリック袴田には、何度か出かけていますが、私は北陵を支援しているし、袴田を支援するときは救援会でするとハッキリ言ってもおります。というわけで、新年会欠席の返信はがきに、通信お断りの旨書き込んで送ろうと思います。

2019年1月 6日 (日)

新聞断ろうかと…

 昨12月10日に読売新聞朝刊のみをこの1月から1カ月だけ購読を申し込みました。あれは11月のことと思います。我が家の郵便受けに箱根駅伝キャンペーンハガキが入っていて、応募ハガキを出すと「A賞コート、B賞大型タオル、C賞はタオルハンカチ」のいずれかがもらえるというものでした。私はB賞大型タオルを希望して投かんしました。箱根駅伝宣選手がフワリと羽織れる大型のタオルです。投かんして1カ月ほどたった12月10日に、玄関ドアで誰かが呼ぶので出てみたところ、読売新聞の方がいて、当たったのはC賞(小さなタオルハンカチ)なんだけれども、新聞購読してくれれば、大型タオルもコートもプレゼントすると言われ、「私は新聞を読む習慣がないから」と最初は断ったのだけれども、押し切られて、1か月朝刊だけとることになったのです。で、朝刊が届くようになって数日経ちますが、やはり私は新聞を読みません。新聞を広げて読む、これを畳むという習慣がまるでないので、届いたまま広げもせずにいるのです。いただいたコートも、箱根駅伝の選手が寒空の下でフワリと羽織るミズノの温かいもので、あれやこれやで朝刊1カ月分の購読料では入手できるようなものではないから、購読料は払うから、届けるの止めてほしいと電話しようかと思います。

モニターの仕事どうなるんだろう

 昨12月25日に、モニターの仕事の管理画面に「2018/12/25 09:45 審査の結果、アカウント:"真理子"(×××)広告掲載につきましては、弊社広告掲載基準に抵触するため、掲載を停止いたしました」というメッセージが表示され、以来、数字が動いていないので、講師に問い合わせたところ、アカウント取り直すように指導されています。週明け、つまり明日以降に、この問題に取り組むことになりますが、キーワード画面にキーワードお告げが出たり、本来あるべき姿とはかけ離れたようになっていましたから、アカウント取り直して、再出発は良いことと思いますが、着地し、また社長一人の出版社を興して、100万部のベストセラー作品を書いて出すという計画実行するには、モニターの仕事どころじゃなくなるかもしれないんです。判断に迷います。早く誰かハッキリ言ってほしいです。

2019年1月 1日 (火)

新年おめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。お雑煮とお煮しめを手作りし、他はできあいで済ませ、ご先祖様(仏壇)にも上げて自分でも食べて、新年らしくしました。
 東武の社食で働いていたころから兄の三回忌まで、いろんな事のあった3年間ですが、この三年間、私、天中殺だったんです。年が明けて、天中殺も明けました。やれやれです。皆さんのお力添えにより、なんとか過ごしてまいりました。今年もよろしくお願いします。

Jp19p_il_0183


2018年12月30日 (日)

2018年12月墓参

 日暮里のお寺にお墓参りに行ってきました。お寺に着いたのは午後2時頃。寄り道せずに行って、帰路、30日の午後に取りに行くと予約した和菓子屋さんにお正月用のお餅を引き取りに行きました。昆布巻だの伊達巻きだの、これまで料理研究してきましたけど、私一人になってしまうと、とてもじゃないが作っても食べきれません。一人分の料理を作るのは厄介です。というわけで、お正月はお雑煮とお煮しめのみ手作りにして、あとはできあいのものを少量買って済ますことにしました。しかし私としては、我が家に伝わるお雑煮の作り方を、姪っ子か甥っ子の嫁さんに伝えなくてはと思っています。

20181230


2018年12月24日 (月)

不正アクセス、狙いは何だろう

 セキュリティソフトが、しばしば不正アクセスの警告文を出すので、その都度ブロックして対応しています。毎日ではありません。週に3~4回の頻度なのですが、狙いは何なんでしょう。以前アマゾンを見ているとき、パソコン遠隔操作で、私のマウス操作とは無関係にマウスポインタが動き出し、購入ボタンをクリックしたことがあります。また、なりすまし画面でパスワードを盗み、メールボックスをいじられたことも何度かあります。同一人物の仕業でしょうか。

2018年12月22日 (土)

今日は北陵世話人会

 北陵クリニック事件東京の会世話人会から帰ってきました。午後2時からのお茶の水駅宣は雨のため中止で、すぐに救援会都本部で世話人会に入りました。
 北陵を救援新聞豊島版に連載し、これまで千葉刑務所の守大助さんには送っていましたが、今後は最高裁と本件弁護団にも送ることになりました。また東京の会ニュースレターも私が担当することになったのですが、同様に私が担当するから、全国連絡会ニュースを作ろうと、こんど全国から支援者が集まった時に提案することになりました。

2018年12月20日 (木)

2018年自由党忘年会

 昨夜は赤坂で自由党の忘年会に参加しました。会場の中華料理屋さんが、赤坂界隈に、一号店・二号店……といくつもあって、ちょっと分かりにくく、迷い道クネクネで、時間に少し遅れてしまいました。

201812191

 広い宴会場にテーブルがいくつもあって、私の右隣りに森哲子さん、左隣の男性は、初めてお会いする方で、板垣英憲さんの学習会の常連だって言ってました。私はその男性に名刺(救援会豊島支部副支部長)を渡し、こんど英憲さんに会ったら、「自由党の忘年会に出たら、こういう人の隣りに座って親しくなった。英憲さんのブログは毎日楽しみに見ていると、私の事を伝えてほしい」と頼みました。ちゃんと伝えてくださいよ。お願いしますよ。
下の写真はお料理の数々です。

201812192

201812193

201812194

201812195

2018年12月17日 (月)

「60 誤判対策室」(石川智健 講談社文庫)

商品の説明 内容紹介 老刑事・有馬と、女性検察官・春名、若手弁護士・世良の三名は、「誤判対策室」に配属された。無罪を訴える死刑囚を再調査し、冤罪の可能性を探る組織だ。配属から半年後、有馬は行きつけの飲み屋の女将・綾子から不穏な話を聞く。最近来た二人組の男客が、殺人の犯行を仄めかすような話をしていたというのだ。冤罪事件に関わっているのではないかと有馬は疑い、該当する事件を突き止める。2011年に母親とその子供二人を殺害した罪で、古内博文という男の死刑が裁判員裁判で確定していた。誤判対策室は調査を開始し、綾子が言っていた怪しい二人の内の一人の身元を割り出す。大窪という男が判子詐欺の容疑で捕まったのだ。有馬と世良がその線を調べていくうちに、古内の娘・琴乃が詐欺事件に関わっている可能性が浮かび上がる。しかも、その夫の矢野高虎は、殺人を仄めかしたもう一人の男かもしれないのだ。──迫りくる古内の死刑執行。有馬は警察の取り調べ記録を、春名は検察の証拠品リストを、世良は解剖医の鑑定書を、それぞれ洗い直すとに!

内容(「BOOK」データベースより)
老刑事・有馬は、刑事と弁護士、検察官の3名から成る「誤判対策室」に配属された。無罪を訴える死刑囚を再調査する新組織だ。半年後、有馬は小料理屋の客が殺人を仄めかしていたという情報を入手。該当する3人殺害事件の冤罪を疑い動き出す。自身が関わった冤罪事件への贖罪の気持ちから…。傑作法廷ミステリー!

 先日、北陵クリニック事件の守大助さんから手紙が届き、将棋の入門書など数冊本の差し入れを希望されていたので、アマゾンで取り寄せました。私のところに届いた物を荷造りし直して、千葉刑務所に送ることになるのですが、その前に、大助さん希望の「60 誤判対策室」を読んでみたのです。小説なんだけれども、取材がしっかりしていて、知らないことがたくさん書いてあり、大いに参考になりました。私自身、池袋を舞台にした「ABC法律事務所物語」を書きたいので、メモしようと思っています。

より以前の記事一覧